[チョコボ・パラフレーズ]
Chocobo Paraphrase

Arranged by Y.N.




(1)


(2)


(3)


(4)




(5)


(6)


(7)


(8)



[楽譜をまとめてダウンロードする]
・清書楽譜(pdfファイル):chocobo_paraphrase_sheet.pdf
・清書楽譜(JPGセット):chocobo_paraphrase_sheet.zip
・手書き楽譜(JPGセット):chocobo_paraphrase.zip

えままで様が清書譜を製作してくださいました。ありがとうございますm(_ _)m




[コメント]

FFシリーズでお馴染みのチョコボのテーマを変奏させながら、元気いっぱいにアレンジをしてみました☆
全体は三部構成で、真ん中に民族音楽風でちょっと物哀しい感じのアレンジを挟んでみました。

ビデオカメラがなくて、デジカメの動画機能で撮ったので、動きが飛ぶことがあります。
音質もデジカメの内蔵マイクというお粗末っぷりで・・・すみませんorz





[演奏はこちら]

ニコニコ動画 / Youtube


[MP3はこちら]

chocobo_paraphrase.mp3






余談ですが、チョコボの曲が大好きなので、他にもMIDIで下のようなアレンジを作ったりしています。
(学生時代に趣味で作ったもので、音源も当時のSC-88(古っ!)なので、品質は激しく謎・・・(-_-;)


・チョコボのテーマのアレンジ1:楽しい遊園地に向かって

アレンジ1:ヘンデルの水上の音楽のようなイメージでティンパニを生かして活気をつけています。ファイナルファンタジー7に出てくるゴールドソーサーに向かって、わくわくしながらチョコボに乗っているようなイメージです。


・チョコボのテーマのアレンジ2:秘境を行く

アレンジ2:完全にオリジナルの世界観によるもので、自分としては気に入った出来のものです。ジャングルに迷い込んでしまった冒険家とチョコボ・・・見たこともない色の植物や蝶などの景色の中を彷徨い歩きます。・・・ふと我に返った(一瞬、はっきりした調性音楽になります)次の瞬間、突如として
不思議な空間に入り込み、そこでは不思議な動物たちに出会います。彷徨ったあげく、ガラスを突き破るかのように突然現実世界に飛び出します。最後には秘境の奥地で誰も見たことのない幻の遺跡を目にします。・・・という自分のオリジナルストーリーを表してみた曲です。楽器の扱い方もMIDIならではの工夫をして、動物の声に聴こえるような音を作り出したり、ガラスが割れるような音を作り出したりしてみました。


・チョコボのテーマのアレンジ3:線路は続くよどこまでも、シューベルトの「ます」・・・列車と並走するチョコボ!?

アレンジ3:「線路は続くよどこまでも」の曲に乗せて、列車が走っているイメ−ジです。二番になると、突然線路の脇にチョコボが合流してきて一緒に並走します。三番はなぜかシューベルトの「ます」も一緒に競争です。線路に平行して川が並んでいたのでしょうか・・・。ウェスタン風な伴奏を付けているのでアメリカ西部時代の蒸気機関車かと思いきや終盤ではJRの駅の音?という遊びも入っています。


・チョコボのテーマのアレンジ4:チョコボ in クリスマス

アレンジ4:チョコボとジングルベルを組み合わせた曲です。12月になる頃には街中でも至る所でクリスマスソングがかかりますが、そんな季節に思いを馳せながら、実際には真夏に作りました(^_^;


・チョコボのテーマのアレンジ5:チョコボ de ハトヤ

アレンジ5:実はアレンジ1の「楽しい遊園地に向かって」の前編です。「チョコボ de ハトヤ」の次に「
楽しい遊園地に向かって」に続きます。ちなみにハトヤというのは伊豆半島の伊東の温泉旅館です。地域限定ネタになって申し訳ないのですが、一部の関東地方ではテレビでコマーシャルをしています。そのコマーシャルソング「伊東に行くならハ・ト・ヤ〜、ハトヤに決めた!」という曲とチョコボのテーマを合わせてアレンジしました。途中からゴールドソーサー(※アレンジ1参照)の曲も登場し、温泉旅館&遊園地を楽しもうというノリでチョコボに乗っているというストーリーです。





目次に戻る→Index