[FF総集編メドレー]
〜 Final Fantasy 1-6 Medley 〜

Arranged by pianoYN
(アテナ君のメドレーをピアノアレンジ)




(1)
前編


(2)



(3)



(4)






(5)


(6)


(7)


(8)





(9)



(10)



(11)
中編


(12)






(13)



(14)



(15)



(16)
後編





(17)


(18)


(19)





(20)


(21)


(22)



[楽譜をまとめてダウンロードする]
・清書楽譜(pdfファイル):ff_medley.pdf
・清書楽譜(JPGセット):ff_medley_sheet.zip

takahashi様が清書譜を製作してくださいました。ありがとうございますm(_ _)m




[コメント]

子供の頃に夢中になったゲームの思い出は、いつまで経っても色褪せないから不思議です(*^_^*)

小学3年生の頃、仲良しの友達と学校の行き帰りはいつもFF2の話で持ち切りでした。
友達もろとも「ミシディア」のことを「ミンディア」と言っていて、間違いに気付かなかったあの頃・・・orz

ハードがスーパーファミコンになった時のFF4の感動は忘れられません。
試練の山の景色や飛空挺のアングルなど、グラフィックに感動したのはもちろんですが、
同時発音数が3音から8音に増えたことと、音源の音色の種類が拡大されたことで、BGMがより壮大になったことに感動しました。

FFシリーズは、音楽のどれもが名曲で、めちゃめちゃ惚れ込みました(^_^)
3や5など今でも口ずさんでしまうくらいで、植松さんの音楽は、私の音感の土台の一つとなっています。





ゲーム音楽を聴くと、ゲームの画面を思い出せるのはもちろんですが、
わくわくした気持ちなど、その頃の心境をも思い出すことができますo(^_^)o

ゲーム音楽に限らず、音楽というのはそれ自体が創造性や想像性に溢れており、ドラマや感動を与えてくれるものです。
たとえ2Dの画面としょぼい音源であっても、そこから広がるファンタジー(想像力)は果てしないものでした。

想像の世界の中で、キャラに感情移入し、ドラマを感じ、感動ができるなんて、素敵なことだ思います(*^_^*)


***


今回は、お気に入りのメドレー(アテナ君作のWRD付きMIDI)をピアノアレンジして弾いてみました。
アテナ君の作品では、キャラ同士のトークをWRDで表現しており、これがまた素晴らしいのです・゚・(つД`)・゚・

アレンジに際しては、個人的に拙い演奏技術に限界を感じつつも、
ピアノならではの表現やテクニックを盛り込んでみました。

植松伸夫さんとアテナ君に敬意を表して、ピアノ編曲させていただきましたm(_ _)m
演奏の方は、力及ばず申し訳ない感じですが・・・orz





[演奏動画はこちら]

・FF総集編メドレー前編(1/3)
ニコニコ動画 / Youtube

・FF総集編メドレー中編(2/3)
ニコニコ動画 / Youtube

・FF総集編メドレー後編(3/3)
ニコニコ動画 / Youtube



[楽譜動画はこちら]

ニコニコ動画 / Youtube



[ノーカット版(18'22)のMP3はこちら]

ff_medley_complete.mp3





目次に戻る→Index